ストリートウェアを作るには?

書かれた記事です:
コラード・マネンティ
拡散にご協力をお願いします!
この記事をシェアする
ストリートウェアのラインを作る

目次

ストリートウェア・ラインの作り方

この記事では、スタイル・オフィスとしての仕事において常に存在する問題について論じる: ストリートウェアのライン作り.この特殊な市場セグメントの概要から始まり、デザイナー、象徴的な衣服、そしてストリートウェアブランドを構築する方法について学ぶことができる教訓を見ていきます!私はコラード・マネンティ。この旅のガイド役を務めます!

まず、大きな考察から始めよう。 ストリートウェアは単なるトレンドではない ファッションは、アーバンカルチャー、ヒップホップミュージック、スケートボードの世界にルーツを持つ文化現象である。しかし、そのルーツは1980年代にあるにもかかわらず、今なお非常に流行しており、現代のあらゆるデザイナーによるファッションのあり方に影響を与えることができるマクロなトレンドである。冗談のように思えるだろう:

ファッションの世界では、すべてが過ぎ去っていく!

などのビッグネームが名を連ねている。 オフ-ホワイトのヴァージル・アブロー e シュプリームのジェームス・ジェビア を証明した。 ストリートウェアは、ハイファッションとストリートカルチャーの架け橋である。 矛盾した誇張された組み合わせは、"ステレオタイプ "に近づいてもなおファッショナブルであり、好まれ、何よりも売れ続けている!

彼らのクリエーションは美学を反映するだけでなく、メッセージやアイデアを表現し、ストーリーを語る。しかし、ストリートウェア現象をこれほどまでに象徴的で魅力的なものにした服とは何だろうか?

ストリートウェアの世界には独特のものがある。

それは ファッション、アーバンカルチャー、そしてしばしば音楽の融合.ニッチな現象から始まり、主流になった。

しかし、アクティブウェアや伝統的なファッションとどう違うのだろうか?

ストリートスタイルを表現する」とは?ストリートウェア・ビジネスはどのように組織されるのか?コラボレーションや限定版の役割とは?どのようにすれば 象徴性による高い象徴価格?

これらは、私たちが答えようとしている疑問のほんの一部に過ぎない。 そして、私たちはそうする ビー・エー・デザイナーの哲学の中で デザイナーや起業家に対し、顧客に望まれ、売れる製品を作る方法を説明する。.自分の情熱で生きていけるような、収益性の高いビジネスを成功させよう!これらのヒントを最大限に活用して 私たちの方法 あなたには2つの解決策がある:

1) ファッション・ビジネス・アカデミーに登録する。ファッションと起業の世界に特化した初のオンライン・アカデミーで、自分のプロジェクトを立ち上げるための基礎を自主的に学ぶことができます。 登録に必要なすべての情報をご覧いただけます。 特別価格

2) 私たちと一緒にコレクションを作る: 私たちはあなたのアイデアを素晴らしいものに変え、あなたのブランドと商品を販売できるようにします。私と私のチームとの無料通話は、いつでもご予約いただけます。 ここをクリック.

この記事では、自分で作る方法を学ぶにしても、自分のブランドを持つにしても、オーセンティックで代表的なストリートウェア・ラインを作るための秘訣をいくつか紹介しようと思う。

私たちのツールである ファッション・ビジネス・デザイナー?このプロセスをより合理的でわかりやすいものにするために、私が考案したものだ。[詳しくはこちらの記事をご覧ください!

準備はいいかい?始めよう!

 

ジャケットを着た男。

ストリートウェア現象の紹介

ストリートウェアは一見、単なるファッションスタイルのひとつに見えるかもしれない。しかし、ストリートウェアはトレンドや衣料品以上の文化的なムーブメントなのだ。だからこそ、ストリートウェアは 自己表現の方法、哲学ファンや愛好家だけでなく、多くのファッションブランドや高級ブランドにも多大な影響を与えた。旅客市場のトレンドとは異なり、ストリートウェアは40年近く前から存在し、健全である! 

1980年代から90年代にかけて、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京のストリートで生まれたストリートウェアは、ヒップホップ・カルチャー、スケートボード、そしてパンク・カルチャーの要素をルーツとしている。しかし、時を経て、音楽からストリートアートまで、数え切れないほどのサブカルチャーからの影響を吸収してきた。

ストリートウェアの真の魅力は、その大胆でしばしば挑発的なデザインだけでなく、ストーリーを語る能力にある。グラフィックTシャツ、限定トレーナー、ベースボールキャップはどれも、反抗心、個性、帰属意識を物語る。 これらは単なる衣服ではなく、アイデンティティの宣言なのだ。

長年にわたってね、 ささやかなカウンターカルチャー運動として始まったものが、巨大産業へと変貌を遂げた。ストリートウェアブランドの中には、ファッション界の巨人へと成長したものもある。 しかし、その商業的な大成功にもかかわらず、ストリートウェアはストリートのルーツに忠実であり続け、オーセンティックな魂を保ち続けている。

カルチャー、ファッション、歴史のユニークなミックスこそが、ストリートウェアを魅力的で適切なものにしているのだ。新しい服のひとつひとつが、過去と現在、アートと商業、個人とコミュニティの融合を表している。そして、この複雑な織り目の中にこそ、ストリートウェアの魔法があるのだ。

ストリートウェア・ラインの作り方:部屋の木の壁。

ストリートウェアに忘れがたい足跡を残したデザイナーたち:

ストリートウェアは、伝統に挑戦し、ファッション界に新しいアイデアと反逆の風を吹き込んだ現象である。この分野の第一人者の多くは、伝統的なファッションの経歴を持たず、大胆で本物のビジョンを持ってストリートから直接現れた。ここでは、ストリートウェアの本質を定義し、形作ったデザイナーやブランドを紹介しよう:

  1. ショーン・ステューシーストリートウェアの創始者の一人とされるショーン・ステューシーは、サーフボードのデザインと販売でキャリアをスタートさせた。後にブランド名を冠した「Stüssy」のロゴとなる彼のスタイリッシュなサインは、Tシャツやキャップに登場する前にサーフボードに刻まれていた。Stüssyはレゲエからパンクまで様々なスタイルを試み、スケートの美学とファッションを融合させた最初の一人である。

  2. ジェームズ・ジェビアとシュプリーム1994年にニューヨークで設立されたSupremeは、高級ストリートウェアの代名詞となった。当初はスケートカルチャーを中心に展開していたが、アーティストやミュージシャン、さらにはルイ・ヴィトンのようなハイファッション・ブランドともコラボレートし、世界的なアイコンとなった。

  3. ヴァージル・アブローDJであり、カニエ・ウェストのアート・コンサルタントでもあったアブローは、ストリートウェアの美学とハイファッションの要素をミックスしたブランド「オフ-ホワイト」を立ち上げた。その斜めのストライプと逆カンマは、世界中で認知されるシンボルとなった。その後、アブローはルイ・ヴィトンのメンズ・コレクションのアーティスティック・ディレクターに就任し、ハイファッションとストリートウェアの垣根をさらに取り払った。

  4. ニーゴBAPE(A BATHING APE)ブランドの創始者であるNigoは、日本のストリートウェアを世界的に有名にした。特徴的な迷彩柄、フルジップパーカー、ファレル・ウィリアムスなどのアーティストとのコラボレーションで、BAPEはストリートウェアの主役となった。

  5. 山本耀司とアディダス山本はすでにオートクチュールのデザイナーとして確固たる地位を築いていたが、アディダスとのコラボレーションによるY-3は、現在の "アスレジャー "とラグジュアリー・ストリートウェアの波を定義する一助となった。Y-3のミニマルで贅沢なデザインは、後に続く多くのブランドに影響を与えた。

これらのデザイナーやブランドは、誰よりもストリートウェアの顔を形成し、ファッションがストリートから生まれ、世界に影響を与えることができることを証明してきた。 

彼らの大胆さ、独創性、そして一瞬のエッセンスをとらえる能力は、ファッション界のオリンポスにおける地位を確保し、「伝統的な」デザイナーやブランドと並んで彼らを正当化している。                           ストリートウェアは進化を続けているが、パイオニアたちが残した遺産は消えることがない。

ストリートウェア雑誌。
ストリートウェアの要素を体現したナイキのエアフォース・トレーナーを示すオープンブック。

大衆現象を支えるイベントと文化

1980年代に誕生したストリートウェア・カルチャーは、数々の出来事や文化的な影響を受けながら、その本質と方向性を形成し、定義してきた。デザイナーや起業家から ターゲット市場が時代とともにどのように変化してきたかを理解する必要がある。

ここでは、ストリートウェア・カルチャーやファッションに影響を与えた最も重要な出来事や文化的ムーブメントを紹介しよう:

  1. ヒップホップの台頭1980年代から1990年代にかけて、ヒップホップは音楽的なジャンルとしてだけでなく、文化的なムーブメントとしても台頭した。ランDMCのようなアーティストが紐なしのアディダス・スーパースターを着用し、他のラッパーたちがトミー・ヒルフィガーやポロ・ラルフローレン、後にはP.ディディのショーン・ジョンといったブランドを着用したことで、これらのブランドはストリートウェアのアイコンとなった。

  2. スケート・カルチャーバンズ、ステューシー、シュプリームといったブランドは、スケートカルチャーから直接生まれたもので、ストリートスタイルとオーセンティシティを融合させている。

  3. バスケットボールとトレーナーマイケル・ジョーダンが1980年代にアイコニックなエア・ジョーダンを発売して以来、このスニーカーはストリートウェアの定番となった。それと並行してトレーナー文化も発展し、最新作を手に入れるために何時間も行列を作る人が続出した。

  4. パンク・ムーブメントヒップホップとは異なるが、パンクはその反抗的な態度、DIY(日曜大工)、大胆なグラフィックでストリートウェアに影響を与えた。Thrasherのようなブランドを思い浮かべてほしい。

  5. 日本の影響BAPE(A Bathing Ape)、コム・デ・ギャルソン、ネイバーフッドといったブランドは、伝統的な影響と現代的なデザインをミックスし、ストリートウェアにユニークで革新的な美学をもたらしてきた。

  6. デジタル時代とHypebeastの誕生インターネットとソーシャルメディアの登場で、ストリートウェア・カルチャーはグローバルになった。ブログから始まったHypebeastは、ストリートウェアの最新トレンドを知るバロメーターとなった。

  7. ラグジュアリーなコラボレーション2017年、ルイ・ヴィトンがシュプリームと組んでコレクションを発表したとき、最も重要なコラボレーションのひとつが行われた。これは、ハイエンドファッション界がストリートウェアの関連性と影響力を認識したことを示すものだった。

  8. ドロップ・カルチャーの台頭しばしば「ドロップ」として販売される限定リリースのアイデアは、ストリートウェアの世界では標準的な戦略となっている。これらのドロップは、緊急性、独占性、そして商品に対する誇大広告を生み出す。

  9. アクティビズムとストリートウェアパタゴニアやザ・ノース・フェイスなどのブランドは、持続可能性やアクティビズムのメッセージをデザインやマーケティングに組み込み始めており、消費者の社会的意識の高まりを反映している。

都会の風景にインスパイアされたストリートウェア・ライン。

ブランドデザイン:ストリートウェアブランドの作り方

ストリートウェア・ブランドの成功は、ブランド・アイデンティティを明確に定義することから始まる。これは、提供したいデザインや製品だけでなく、顧客に伝えたいストーリーや価値観を理解することを意味する。

長年にわたり、Be A Designerでは、最も共感されるブランドとは、首尾一貫した物語と特徴的なイメージを通じて、聴衆と真正面から結びついているブランドであることを発見してきました。これらの基本的な要素を考えてみましょう:

ビジョンとバリュー あなたのブランドの背景にある哲学は何ですか?何がユニークなのですか?

対象読者 誰にリーチしたいのか?彼らの興味、ライフスタイル、嗜好は?

ブランドの歴史 どんなブランドにもストーリーがある。あなたのブランドにはどんなストーリーがあり、それを魅力的な方法で伝えるにはどうすればいいのでしょうか?

STORYTELLING(ストーリーテリング)、そして私たちと私たちのブランドについての首尾一貫した(そしてエキサイティングな)物語の重要性については、これらの詳細なブログエントリーの中で何度も語ってきた。以下の記事をご覧ください。 これらの要素について詳しく書かれた記事がある。.

以下のセクションでは、これらの重要な要素を発展させ、オーディエンスに真に共感されるストリートウェアブランドの基礎を築くプロセスを紹介する。

ブランドデザイン」と書かれたスポーツウェアの事業計画図。

コレクション・デザイン:ストリートウェア・コレクションの要素

ストリートウェアの美学は、都会的なサブカルチャー、音楽の影響、そして過去のトレンドへの言及の魅力的な融合である。このスタイルの核にあるのは、伝統的なファッションの常識に対する絶え間ない挑戦であり、その結果、大胆でしばしば反文化的な選択が生まれる。

A ストリートウェアの美学の礎は「オーバーサイズ」のアプローチ.

意図的に幅を広くし、丈を長くするこのトレンドは、単なるスタイルの選択ではなく、着心地の良さ、無頓着さ、そして伝統的なテーラードシルエットへのちょっとした反抗を表明するという姿勢を表している。

それとは対照的に、もしアクティブウェアやスポーツラインを作るとしたら、私たちは次のように考えるだろう。 この綿密な調査。

フード付きジャケットのドローイング。
ストリートウェアの最も象徴的なアイテムを挙げるとすれば、Tシャツ、スウェットシャツ、キャップだろう。

プリントは重要な役割を果たし、しばしば大胆なグラフィックや挑発的なメッセージ、ポップカルチャーの引用を特徴とし、着用者のアイデンティティや姿勢を伝える。

再解釈されたロゴ、象徴的なイメージ、さらにはストリート・アートが直接衣服に転写されることも珍しくない。リップドデニム、ヘビーコットン、ナイロンといった素材がしばしば登場し、機能性とスタイルをミックスしている。

ベースボールキャップ、チャンキーなトレーナー、ゴールドチェーンなどのアクセサリーがアンサンブルを完成させ、ストリートウェアのビジュアル言語をさらに豊かにしている。

全体として、ストリートウェアの美学は個性の祭典であり、多様な影響のるつぼが集まって、ユニークで、適切で、常に進化し続けるものを作り出している。

グラフィックTシャツストリートウェアの鼓動。イデオロギー、情熱、所属を表現するキャンバス。例えば、シュプリームのボックスロゴTシャツは、アーバンファッションの世界でステータスの象徴となっている。

パーカーBape(ベイプ)やChampion(チャンピオン)のスウェットのように、人目を引くロゴやグラフィックがあしらわれていることが多い。

トレーナー単なるアクセサリーの域を超え、真の芸術品としてコレクションされるようになった。カニエ・ウェストがデザインしたadidasのYeezyは、その象徴的な例だ。

ベースボール・キャップ日差しから身を守るだけでなく、本物のスタイルを表現する。ニューエラのキャップはその典型だ。

カーゴショーツとジョガーパンツカーハートのカーゴショーツは、ストリートウェアのワードローブに欠かせない。

ジャケットアルファ・インダストリーズのMA-1ボンバージャケットのようなジャケットは、寒さを防ぐだけでなく、どんな服装にも気品を添えてくれる。

アクセサリーバックパックやショルダーバッグ(Herschel Supply Coのものなど)は、個性や所属を表現するためによく使われる。

 

ユニークな帽子シリーズを展開するストリートウェア・ライン。

ストリートウェアにおける人工知能とグラフィックデザイン

2023年は、人工知能の発展にとって極めて重要な年であったことは間違いない。以前は、人工知能はフィリップ・ディックの小説にインスパイアされたSF映画(『アイ・ロボット』を覚えているだろうか?私たちのモノづくりや新しいアイデアの開発にも役立つツールだ。

以前は、グラフィックデザイナーやイラストレーターの専門家でなければ、紙やイラストレーターにアイデアを「書き出す」ことができなかったとしたら、今日では、人工知能のおかげで(あるいは、むしろそれらの組み合わせのおかげで)、想像を絶するオリジナルのグラフィック画像を作成することができる!そして、ストリートウェアブランドの作り方について話しているのだから、グラフィックや画像の役割は極めて重要だ!

私は最近のウェビナー「ファッションとAI」でもこの話をした。それは ファッション・ビジネス・アカデミー.その方法を教える実践的なコースもある。 AIに懐疑的な人も、熱心な人も ひとつだけ確かなことがある: 

人工知能はすでにここにある私たちにできるのは、彼らがどうすれば私たちの仕事をよりうまくこなせるかを自問することだけだ。

下の写真を見れば、その可能性がわかるだろう!

美しい画像を作成し、それをTシャツやスウェットに効果的に「配置」する間には、明らかに溝があります。画像を作成し、それを使用するのは簡単ですが、編集し、"ベクトル化 "しなければなりません!

しかし、Midjourneyのような人工知能を使うことで、アイデアや自分の美学を見つけることができる!ムードボードの作成は、特にクリエイティブ・プロセスの初期において重要な活動のひとつです。

もっと知りたいなら この記事で詳しく説明した。.

 

ストリートウェア風のTシャツと帽子を着用した男性4人の画像。
ファッション&AIウェビナーのために人工知能ツールを使って作成した画像をご覧ください。

ストリートウェアの巨匠たちからの10の教訓:

ストリートウェアの偉人たち」から学ぶべきことは数え切れない。これらの先駆者たちは、ファッションの一分野を定義しただけでなく、業界のルールを再定義した。ここでは、新進気鋭のデザイナーが彼らの歩みから学べる重要な教訓をいくつか紹介しよう:

  1. 本物第一成功したストリートウェア・デザイナーの多くは、自らの経験や文化、コミュニティから直接インスピレーションを得てきた。彼らは既存の流行を模倣するのではなく、自分たちの本物のビジョンや声をファッションに取り入れたのだ。

  2. 大胆さが必要これらのデザイナーの多くは、型にはまらないアプローチをとり、実験的な試みを行い、ファッションの許容範囲や期待値の限界を押し広げてきた。革新と差別化への欲求が、彼らの成功の根底にある。

  3. コラボレーションは強力だアーティスト、ミュージシャン、他のブランド、あるいはまったく異なる分野とのコラボレーションであっても、パートナーシップは斬新なアイデアを生み出し、ブランドのリーチを広げることができる。

  4. コミュニティに耳を傾け、巻き込むたとえばシュプリームは、ファン層との強い結びつきを通して、ブランドの周りにカルト的な人気を生み出してきた。コミュニティと交流し、彼らのニーズに応えることが重要なのだ。

  5. 品質と一貫性が鍵トレンドが変動しても、一貫した品質を維持し、ブランドの基本理念に忠実であり続けることが、消費者の長期的な信頼とロイヤリティを築くことにつながる。

  6. 時代への対応本物であり続けることが重要である一方で、適切であり続けることも同様に重要である。これは、変化する文化や社会の力学を認識し、それに応じてビジョンや製品を適応させることを意味する。

  7. ブランドの物語は力強い一貫したストーリーやブランド・アイデンティティを作り、維持することは、大衆との感情的な絆を築くのに役立つ。ブランドの背後にあるストーリーは、製品を単なる物質的なモノ以上のものにする。

  8. 自分のルーツを認識し、受け入れる世界的な成功を収めても、多くのビッグ・ストリートウェア・ブランドは自分たちのルーツに忠実であり続け、自分たちが始まった場所を讃え、描いている。

  9. 適応性ファッションの世界は急速に変化している。デザインにおいてもビジネス戦略においても、適応する能力が長期的な成功を左右する。

  10. アクセシビリティの重要性希少性は欲求を生み出すかもしれないが、平均的なファンにとって常にアクセスしやすいものがあることを保証することで、恒常的で忠実な顧客層を確保することができる。

結局のところ、最大の教訓は、情熱とビジョンと決意があれば、慣習に挑戦し、超越的なものを創造することは可能だということだ。新進デザイナーは独自の道を見つけなければならないが、「ストリートウェアの巨匠」たちにインスピレーションと指針を求めることはできる。

結論

結論として、ストリートウェアの世界における旅は、絶え間ない革新と真正性のひとつである。業界の偉人たちは、自分のルーツに忠実であること、新しいアイデアを大胆に取り入れること、そして視野を広げるためにコラボレーションすることの重要性を教えてくれた。

ストリートウェア業界での成功は、強力な創造的ビジョンだけでなく、その創造性を質の高い生産と効果的なマーケティング戦略と組み合わせる能力から生まれることを忘れてはならない。

ストリートウェア・ファッションの世界へのエキサイティングな旅に出る準備ができているなら、迷わず参加してほしい。 あなたの成功への道は今、ここから始まります。

デザイナーのデザイナーであるCorrado Manentiは、Elementorのシングル記事#3277で彼の作品を紹介しています。
0 0 票数
記事スコア
???????
????
ゲスト
0 コメント
????? ???????
???????????

私たちのことを話してくれる

主要な新聞社のいくつかは、すでに私たちのプロジェクトと顧客について、大きな熱意と関心を持って語り始めています。このようなメディアの反響は、イタリア製製品を世界に広めるという私たちのコミットメントとプロフェッショナリズムを証明するものです。短期間のうちに、私たちは新進デザイナーの全セグメントにとって参考となる存在となったのです。 

jaJapanese
ファッションブログのマネキンの横に立つスーツ姿の男性。
デザイナーになる

デザイナーになる

通常5分以内に返信いたします。

また近いうちに来ます

デザイナーになる
? こんにちは、そしてようこそ!
何かお聞きになりたいことはありますか?
WhatsApp